ハイスピリット講座(プロ養成)生徒さんの声

それは不思議な始まりでした。
まるでハイスピリット講座を受講するのはすでに決まっていたかのように、ハイヤーセルフから首根っこを掴まれて、kikiさんの前に連れて行かれました。

私は長い間、本当に長い間、スピリチュアル難民のようでした。
ずっと、誰かが私を救ってくれる!

きっと、力のある人が私の苦しみを取り除いてくれる! と、信じていました。
でも、一瞬楽になってもまたしばらくすると 苦しみは戻ってきました。
私が問題を自分ではなく外側に見ていたからだと思います。

それを教えてくれる人はいましたし、どうすれば良いかもアドバイスしてくれました。

頭では納得しても、それでも、心が本当に癒されることはありませんでした。

kikiさんは、私は善悪にすごく拘りがある人だから、それならば「絶対的に正しい正義を手に入れなさい!」と、教えてくれました。
確かに私はずっと、絶対的な正義を探していました。
それを追い求めていましたが、社会生活が長くなると【そんなものはない】ということに気付いてもいました。

でもkikiさんは、【それがある】と言う‼︎
『真我がわからないのに、正義を求めるからおかしくなってしまう』と…。【神様が認める正しさは、誰も傷付けはしない】とも教えてくれたのです。

それを聞いて私の中で何かのスイッチが入ったようでした。
ならば、私はそれを知りたい! 手に入れたいと本気で思いました。
(ワンネスの世界を私にわかりやすく解いてくれたようにも感じました。)

kikiさんの言葉には、嘘や迷いが一切ありません。
本当に聞いていて清々しいほどに…。

講座では、内観で「自我」と「真我」の分離を徹底的に行います。
【今まで自分だと思っていた自分は、本当の自分ではない!】
という衝撃的な事実を毎回突きつけられるのです。

だけど私にはかえってそれが心地良かったです。
今までの違和感がすべて拭い去られるような、そんな気分になるからです。
(まだまだ抵抗している自分もいますが……。)

たいていの場合
【自分を愛しなさい。そうすれば救われる。】と、どこに行っても教えてくれます。
それは間違っていないし真実ではあるのだけど、自分を愛するのが難しい人も多いのではないでしょうか。

でも、【愛さなければいけないと思っていた自分が本当の自分でなかった】としたら?
私はこれを知って、随分と救われました。

ただ厳しい内容も多いです。
それだけ【真我を生きる】という事は、覚悟が必要なのだと思います。

その代わり、確実に現実は動きます。
そのスピードは怖いほど早いし、自分で克服しているという感覚が大いにあります。

当たり前ですよね……
神様が用意してくれたバーチャル・トレーニングのカードの中では、誰も助けてくれる人はいなくて、自分一人で取り組むしかないのですから!

今まで、自分の人生なのに、どこか他人事のように過ごしてきました。
あまりにも辛すぎて、そうしなければ生きていけなかった時期もあるし、また、人生を諦めて自分を封印し、家に籠もって家族のサポートをするのが幸せだと、自分を騙していたからでもあります。

自分を誰にも明け渡してはいけないと本気で教えてくれたのは、kikiさんでした。
私達は相手が誰であれ 自分自身をコントロールされてはいけないのです。

【真我を生きる】ことに集中すれば、すべての道が開きます。
今はそれを信じられます。
何より自分を信じられるようになりました。

まだまだ進化中ではありますが、まずはインナーチャイルドを癒し開放的で天真爛漫、そして本当の意味で自信満々な自分を早く取り戻したいです。

これからもよろしくお願いします。

これまでの私は、幸せになりたいと、本を読んだり、Youtubeを聴いたり、ブログを読んだりと、本当に遠回りをして過ごして来ました。
ご縁を頂いて、オラクルカードを受ける内に「人生はおもしろい!!」楽しく生きています。

最初は中々カードに取り組めず、自分自身向き合う恐れから逃げているのかも…と思っていました。
3回目のレッスンで、大きな間違いをしていたことに、キキさんに気づかせてもらったのです。
ハッとしました。

レッスンではなく、カウンセリングになってしまっていたことに……
「そりゃーカードと向き合えるはずがないよ~」と納得。
すると、カードに取り組める時間が増えました。

そして、4回目のレッスンで、凄まじい体験をしたのです。

メインカードとして選んだのは「孤独」
ポジティブカードは「ボーンコレクター」
ネガティブカードには「力」

キキさんの指導を受けながら進み、再度メインカードに入った時です。
建物の中に陽の光が射した時、胸と背中に、ものすごい力が…圧迫感で押し潰されそう…
息ができない…強烈に苦しい。
胃の上の辺りから、ものすごく熱いものが込み上げて来る。

キキさんの指導は続く。

苦しい…たまらない…振り絞るように声を出した。

「待って下さい。苦しい…」と。
その後の事は、正直よく憶えていません。

それほど、衝撃的な体験でした。
「あなたは、ごまかすと赦すが、セットになっている」と、キキさんの言葉が腑に落ちた瞬間でもありました。

※(kiki 注)
Aさんは優しい性格から、いつも自分の心を押し殺し我慢して人を優先する、という悪い癖がありました。
ここで言う【ごまかすと赦すがセット】とは【本当は嫌なのに、嫌と言えずに自分の気持ちを誤魔化して相手のわがままを受け入れてしまう】ということです。

「私は、私をこのまま死なせるわけにはいかない!!」
心の底からそう強く思いました。

こんなにも、自分の感情をごまかし、蓋をしてずっと生きてきたのだと、体感してしまったから。
「こんなのが私の幸せなんかじゃない!!」という思いが溢れてきました。

次のレッスンまで、ひたすらこの、3枚のカードに取り組むことが、宿題でした。
同じカードなのに、こんなにも、取り組む度に体感が変わる。
本当に驚きでした。
ポジティブカードとして選んだ「ボーンコレクター」の中に入ってみると、カードの中のおばあさんの笑顔が一転、顔の筋肉が強ばって、全然笑顔になんてなれない。
深い悲しみ、涙が次から次に溢れてくる。

別の日には、どうして笑ってなくちゃいけないの!!と怒りの感情で、お腹の中まで熱くなる。
カードの中で、暴れまくる私。

これほどまでに…と沢山の事を気づかせてもらい、腑に落ちると現実がどんどん変わっていることを実感しています。
日々、穏やかに、楽しく過ごしたいという思いは、望みではなく、現実となっています。
オラクルカードで、私は幸せになるために生まれて来た、一番大切な、忘れてしまっていたことを、
改めて思い出させて頂いたのだと思っています。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これから沢山の人と、オラクルカードを通じて幸せな人生を共に歩んでゆきたい!!
そう強く思います。

人は誰でもその中心に神性があることを信じ、自身にも神性があることを信じて生きてきました。
自身の聖なる性質の開花とは、すなわち世界の為に自らを捧げつくせることだと思っています。

私の夢は自分と人と地球を自分と同じように大切にし、幸せな状態にする一助となること。
それを叶える為にこれまでプライベートでも仕事でも約40年間がんばってきました。
取り組んでいたことは、自らの感情の純化と可能な限りの平和活動。

年を経るごとに私なりに命を懸けてがんばっている、と思っていました。
そして自分の歩んできた道に自信を持っていました。

しかし、今一歩のところで頭打ち感があり、まだ上位の自分があるのに到達できないという焦燥感もありました。

そこで、キキ先生のプロ養成講座を受ける決意をしました。
本当に有益な自分になりたかったからです。

講座を受け始めると、すぐに自分の中に沢山の人格があると気づきました。
分かっただけで9人。性質に合わせて仮称を付けました。

1.ロシアのヒットマン 2.フランス人10代の女の子 3.愚連隊 4.執事 5.陽気な男の子 6.アサシン7.中世の騎士 8.修道女 9.修道士

キキ先生に言われて、これらの人格を日常生活の中で客観的に観察すると、9つの人格が様々な場面で入れ替わりに登場し、良い働きをすることもあれば、逆の作用をしていることもわかってきました。
これにより自分の感情を純化しきれていなかったことに気付きました。

私にとって5.陽気な男の子の人格が最も好ましいメインキャラクターでした。
しかし、これは感情が安心し体調も元気な時しか顔を出しません。

体が疲れ切って、不機嫌になると8.修道女の人格を中心に様々なキャラクターが
周囲の人々に対して、厳格に批判的な目を向けるようになります。

8.修道女の人格は「○○であるべき」の権化でした。
自らに過剰な激しいガマンを強いる為、他人にも同様のガマンを強要する気持ちが
無意識下に発動しました。

私がガマンして行ったことに乗っかって楽をする人を見ると厳しく断罪しました。
そこに愛はありませんでした。

この事実に私は打ちのめされ慟哭しました。
自分を激しく嫌悪し更なる自己否定の気持ちが生じました。
しかし辛くとも現状を受け止め進み続けるしかありません。有益な自分を表す為に。

キキ先生と共に内観を進めるうちに『ガマンして守られる調和はない。』という事実を、私の中の8.修道女の人格は認められるようになりました。
こうして8.修道女の人格は、安心して眠りに就くことができました。

そしてようやく、ガマンし過ぎない生き方を自分に許せるようになりました。
人格統合により私の感情の純化が進みました。

また、人が成長する為に欠かせないことの1つに、自分を客観視できることがあると思います。
自己を正しく見る手法として講座ではオラクルカードを使っています。

自身のハイヤーセルフにその時の課題をカードで尋ねるやり方です。
詳細はキキ先生のテキストに沿って行いますが、このカードへの取り組みが劇的に自己変革へ繋がります。

この体験は、たかがカードではなく、偉大なるカードによる冒険です。
自分が実は日々どういう考えの基に生活していたか、如実に現実生活とリンクしてカードの中に現れます。

基本的に自分の実生活に現れることは己の言動行為から生み出されます。
そのことから目をそらしてカードに取り組もうとすると、トンチンカンな解釈をしたり、認めたくないことに直面させられたりします。
形の上では何度もカードの中に入ろうとしていても、深層心理では現状維持を望んでいると寝落ちして現実逃避をすることもあります。

気付きの激しさでお腹が痛くなったこともありました。
頭で課題に真向かおうと思っていても、感情が拒否していることに気付けないと先に進めなかったりしました。

そんなカードの冒険の中、心が現実逃避していた為に、起こったおかしなエピソードがありました。

ある講座の日。 私はその日も、キキ先生とカードに取り組んでいました。
私はテーマに上手く向き合えず気が散っていました。
取り組みたくない気持ちから、部屋にいたキキ先生の猫を見て、歩き方がおかしいように見え始めました。

「○○ちゃんの歩き方がおかしい!」と騒ぎ始めました。
するとキキ先生は冷静に
『○○はおかしくないよ。歩き方は普通だよ。前もあなたはカードをしている時に、変なことを言い始めたよ。自分の問題から目をそらしたいから、自分以外に事件を作り出そうとしてない?』
と言われてハッとしました。

その後、冷静に猫を見つめると、実は、全くおかしくなかったのです。
その時、カードから逃げたかった私には、本当に猫が足を引きずっているように見えました。
そして、「猫が具合悪いのなら、カードなんかしている場合じゃない。猫のことを考えなければ!」と体よくカードへ取り組むことから逃げようとしていたことが分かりました。

自分がまともに戻ると、猫は元気よく、高い段に飛び乗って健康であることを私に教えてくれました。
・・・心が全てを生み出していくので、自分と向き合いたくない時は現実をゆがめてしまいます。
注意しなければいけないと思いました。

そして、本当にきちんと課題に取り組めた時、カードの中の世界が劇的に変わります。
その変化には、常に驚きと感動があります。
自分の固定観念が変わって喜びと解放感がありました。

例えるなら濡れて飛べなくなっていた羽根が乾き、また羽ばたき始められる感じでしょうか!!!
その成果は、現実生活の上にもすぐに反映されていきます。
プロ養成講座を受け始めて4ケ月あまりですが、私は今、人生で一番幸せになっていきています。
どんどん重荷が外れて軽くなってきています。

自然体で生きるとはこういうことなのかもしれない、と感じています。
私は私のままでいい。  そう思えるようになってきています。

純化された上でのありのままの自分を見出し始めています。
自分という種を更に大きく成長させていきたいと思っています。

大いなる喜びが共にあるので、山が険しくても登りきれると信じて、
これから先の講座も進んでいきたいと思います。

kikiは、あらゆる方の信仰を大切にしています。

スピリチュアルな世界では、宗教というだけで批判する方がいらっしゃいますが、本来の宗教の役割は【自分という神に達する道】を教わる場所であり、
先人の立派な方に学びたいと思うのは、ごく自然なことではないでしょうか。

とくに宗教を名乗らなくても、1人の導師の周りに道を教わる人々が集まれば、それはもう宗教なのです。
怖いのは【教祖様】を崇めるあまり、全てを鵜呑みにして、自分で考えなくなる(内観しなくなる)こと。

内観をせずに、安易に外の神にすがり続ける限り、自分の中の神さまはいつまでたっても、表に出られません。
本来、あなたは、あなたという神さまの唯一の信者。
私は、私という神さまの唯一の信者です。

人は独りで生き、独りで死ぬのだから。
いつまでも誰かにすがって、誰かの神さまに自分の神さまを譲るのは実にもったいないと思います。       

共に自分という神さまを生きられますように。

【初級】は、自分が楽しく内観を出来るようになることを目的にしています。
毎日が楽しく幸せになれば、人にも優しくできるし、なによりみんなを幸せにします(^^)

【プロ養成】は、人の内観をお手伝いできるようになることを目指します。
しかしこの技術は人の心を操作する危険を伴うため、指導者には誠実な資質が最も重要と考えます。
そのため訓練中は、自分に対して、ほんの少しの欺瞞も甘えも赦さない厳しい態度で
臨む覚悟が必要になります。

 【プロ養成】生徒さんの感想文中の私の厳しい指摘は、すべて各自の【欺瞞】の癖に気づいて
もらうためです。
そこに意識を向け、取り組むことで、長い間避けていた問題や心の癖から抜け出し、
魂は一気に解放へと向かいます。